なぜだか、6・7歳程度歳が離れている人にすごい影響を受けやすいです。

 

 

それは16くらいの頃からで、なぜだかどこのコミュニティにいってもそれくらい離れている人といるのがすごく楽しくて、その度に「圧倒的大人感」を見せつけられて「早くわたしも大人になりたい」と思ったものです。

 

18歳の頃に24歳の人たちを見て「大人だなあ」、23歳になった今29歳の人たちをみて「大人だなあ」。

なのにいざ、18の頃に憧れた24歳を目前にしても「あれ、全然大人になれてないぞ」という不思議。
わたしが30歳になった時もこんな風に思うんだろうか。

 

でも振り返ると確実に18の頃よりは自分嫌いはマシになったし、周りの人の助けもあってちょっと自信のカケラみたいなものを取り戻せて、自分の中のポリシーみたいなものも確立されたお陰で打たれ強くはなっている、気がする。

 

・自由でいたい
・無理をしない、楽しい、気持ちいいがたいせつ
・好きなことをやるために生きる
・人に価値観の押しつけをしない、されない

 

とかここらへんはかなり定まってきて、たぶん今後も変わらないんだろうなって感じです。

 

軸を定めて、切り捨て、取り入れるっていう作業は随分とできるようになってきた感じがするので、あとは仕入れる刺激・情報量を増やすのみ。

 

特に何かのスキル、とかじゃなくて1度人間的に尊敬できる人に出会えちゃうと、その人の意見ってどんなものでも9割方納得できることが多いです。

今のところ人間的に激しく尊敬している人の共通項をざっと出すと、

・仕事ができる
・人の気持ちがわかる
・多様な価値観をヨシとしている
・自分のポリシーをもって生きている
・わたしの面倒をみてくれる(笑)

こんなとこでしょうか。この要素が多ければ多いほど尻尾振って懐きます。
何気に最後のが一番大事だったりします。(笑)

 

そういう人に出会えたとき「人生最高!わたしってばラッキーついてるうう〜〜〜〜」となります。
そしてそういう人との出会いはありがたい事に年々増えていっています。嬉しい。

 

 

これからもずっと、追いつけない大人の後ろ姿を追いかけながら生きていたい。