とぴ(@Topi__)です。こんにちは。

 

七月から南房総との二拠点生活を始めて、まだ全然日数も経っていないのですが思考が相当とっ散らかってます。

色々新しいことが一気に舞い込んできたので、自分の中で整理できずにただひたすら思考の端切れが積み重なって息がしにくいなあという感じ。ので、整理。

直近の目標

 

新しい要素

  • 田舎暮らし生活
  • 知らない人との共同生活
  • 二拠点生活
  • フリーランスに囲まれる生活

主にこの4つに分類されます。順にみていきます。

 

田舎暮らし生活

  • 朝目覚めるのが4時とか5時とか異常に早い(朝食後二度寝してしまうけど)
  • 夕食、お風呂の時間が2時間ほど前倒しになり、9時には床についている

 

  • 風通しが良い部屋に潮風が入ってくる
  • 冷房がないけど風通しがいいので、意外に涼しい

 

  • コンクリートの道路を手のひらサイズの蟹が歩いていて不思議
  • 住まいには鳩が住んでるし、近所のコワーキングスペース「まるも」にはツバメが住んでいる
  • 虫の声、鳥の声がいい感じで音楽を流さなくなった

 

  • 部屋からの景色に癒される(山を見ながら化粧水はたいている時間が幸せです)

朝焼け。

 

知らない人との共同生活

  • 基本朝食夕食は誰かと一緒に食べる
  • 生まれて初めて親以外の人の手料理を毎日食べる(栄養たっぷり)
  • 赤ちゃんと遊ぶ機会が増える(たまたま子連れ住人がいるので)
  • お風呂や洗濯機が空いてないことがある(個室が2Fなので、空いてないと、再び階段登って戻ることになる)
  • 部屋が二階なので階段を使う機会が劇的に増え、健康的
  • 整理整頓、綺麗さなど妥協する部分は増える(当たり前)
  • 湯船に浸からなくなった
  • 部屋で歌が歌えない

一人暮らしを7年してきたのもあって、正直な話共同生活には不便さも感じます。

諸事情あって、東京でも田舎のシェアハウスの家賃相場で住めているので金銭的なメリットは特になし。

「子育ての大変さを知ることができる」のは面白いかな、と思っています。

 

おそらく、最後の「部屋で歌が歌えない」をどう解決していくかがポイントになってくるかなあと思っています。

部屋で歌えない代わりに、勇気を出して海沿いで歌ってみましたが(写真左の突き出たところの先っぽ)誰にも気にされず?なかなか気持ちよかったです。ふと休憩した時に、波の音が聞こえるのも良い。

ピアノは持ち運べないので、ギターを練習するいいきっかけになりますよう。

 

二拠点生活

分かっていたけれど、やはり若干遠いです。1時間半〜2時間。

乗り換え上手くやらないと、3時間かかることも。

オール電車だと居眠りもできないので、落ち着けるバス+電車が良いかなと思っています。

 

移動時間は苦ではないですが、1ヶ月に1度、1週間程度東京へ戻るくらいが良いかなと思っています。

その際に東京での予定を詰め込むことになるので、それで疲れてしまわないようにコントロールする必要があります。

 

 

若手フリーランスに囲まれる生活

  • ライターデザイナーなどだけではなく、管理栄養師だったり、面白い働き方に挑戦している人が多くて面白い
  • 生活がコワーキングスペース中心になるので、出会いが東京より増える
  • 移住者とは繋がりができるが、私が求めている現地の人との繋がりをどう作っていくかは模索中

 

  • 駆け出しフリーランスの人たちが、どういうライフスタイルで過ごしているかわかる
  • 例えば、生活コストをどうやって下げているか・PC作業に費やす時間など

 

  • 同世代が普通に独立して生活できている一方、わたしは人生ノープランなので、周囲を見て焦る…こともある
  • 都会のカフェと違って知り合いだらけになるので、時々息苦しさも感じる(みんなでワイワイがそんなに得意ではないので)

 

その他思ったことなど

  • 生活コストを下げるのが意外に難しい
  • もともと浪費はしないものの「食事と生活の質を上げるための機材などにはお金をかけたい」というスタンスのまま行っていいのか不明
  • 田舎に来てからなぜか投資や未来に対して保守的になった(ガンガン投資型人間がほぼいないという周囲の影響の可能性大。これがいいことか悪いことかはまだ不明。)

 

  • 音楽やるなら断然一人暮らしが良い、一方働くなら環境的にも内容的にも地方が良い
  • でも地方に一人暮らし物件がないので、そこをどう折り合いつけるか
  • 東京と田舎の滞在バランス、どちらに主軸を置くか、もしくは頻度などで解決する方法も有

 

来年の春までは、住まい・仕事・音楽・それらをひっくるめたライフスタイル、色々模索したいと思っています。

多分「定期的に田舎に住む」という点だけは変わらないと思いますが、そこも未定。

色々柔軟に動ける人間でありたい。

この短期期間でこれだけ刺激を受けているので、エイヤで引っ越しして良かったです。

 

頑張らない、は難しいけれど

これだけ新しい刺激を一気に受けると、つい環境に適応しようと頑張ってしまうわけですが、そうすると絶対に自滅するのでかなり慎重に慎重に動いています。

上記のツイートに書いたように、今月から薬の減薬に取り組んでおり、それが第一優先事項です。

ここ数ヶ月はずっと飲むのをサボって調子が悪くなったら飲み直したり、を繰り返していたけれど、今月からはカプセルを半分に割って毎日飲むことにしました。本来の減薬方法。

 

お医者さん曰く、新しい生活になる時に調子を崩さないために今も薬を投与しているとのこと。

まだそのフェーズではないと言われたけどお金の問題もあるし、まだ飲み続けることにあまり納得がいかなかったから、自己責任でという条件で減薬のステップに進むことを了承してもらいました。

これを成功させることが、一番の目的だからそれを忘れてはいけないとなんども言い聞かせています。

 

未来のことを考えて動き出すのは、1ヶ月後から。

それまでは、今まで通り、むしろちょっとユルイくらいの生活を送ることを大切にして慣れていきたいです!

 

ちなみに昨日は気分が悶々としていたのですが、これを読み終わった頃にはかなりスッキリしました。

私のように「エイヤ」で移住してきた人が多いこと、皆不安も抱えていること、それでも考えて動き続ければなんとか食べていけるし、好きなことだって追って実現できる。

移住決断した人たちの考え方はどれも素敵で、移住しない人にもオススメします。以下特に印象に残った一節を。

 

やりたいことを実現するためには、まず自分の頭で考えて、自分の足で立つことを目指さなければならないと思います。

「そういうものだから」という、押し付けの考えに甘んじていてはそれまで。

変な常識やしがらみが多い世の中、そういうものは苦労してでも捨てた方が、自分を鍛えられてあとあといい。

 

ではでは良い日々を。