最近遠回り乗車にハマっている。

JR線であれば、特定の条件を守ればどれだけ移動しても最安ルートの運賃でOKという素敵なルールに基づき4,5時間以上電車に乗って地方の1時間に1本しか電車の来ないような、大自然に囲まれた駅でふらっと降りるという遊び。

降りる駅なんて決めずに、Googleマップの衛星写真を見てこんもり緑色になっているエリアを探しそこを通る線路を検索、途中で良さげな駅があれば降りてみる。

基本は車窓からの景色を楽しんでいる時間だから暑くもないし日焼けもしない。けど景色はいい。

 

 

 

 

山の中にある駅だと、いろんな鳥のさえずりや虫の声が聞こえたりする。

山の中でも、近所に川があるか、山の高さ、土の種類etc.によって匂いも温度も変わる。

 

 

この間は1人じゃなかったのでつい開放感溢れて、ホームの地面に座り込み靴も脱いで、1時間以上日没に合わせて山の色が変わり、温度が変わり、ヒグラシの音を聞いていた。途中で折り返しの電車が来てそれに乗るはずだったけどあまりにも自然と一体化する感覚が良かったので敢えて一本逃した。(山奥にいけばいくほど2時間に一本しかない路線などもあるので要注意)

ホームで山に向かって座り込んで1時間、なんて明らかにおかしい人だけれど誰もいなかったので良いことにした。

電車に乗るのは楽しい。

歩くのも好きなんだけれど、何もしなくても綺麗な景色に出会えるし、体力は使わないし、ぼーっと考え事をしたい時はカフェに籠るよりも電車に乗っていた方が捗る感じがする。逆に何も考えたくない時も、ただ部屋に引きこもってるよりも移動してている方がすっきりする気がする。Googleマップを見ながら、車窓で見つけた素敵な景色にピンを立てていく遊びを組み合わせれば、冒険感もでる。

北海道とか、北陸とかの電車にも乗ってみたく鉄道のある風景写真集を買ってしまったわたしはすっかり鉄女のなのかもしれない…。(鉄道の車体とかには興味ないけど)